国際ロータリー 第2680地区 明石ロータリークラブ

2016-2017年度 RIテーマ 「人類に奉仕するロータリー」(Be a Gift to the World)


TOP >>

ようこそ明石ロータリークラブへ

 明石ロータリークラブは設立から今年で66年を迎えます。
 歴史と伝統があるだけでなく、何時も躍動するクラブとしてその存在価値を維持し、発展することを多くの会員が望んでいることは言うまでもありません。しかしながら同時に現状における課題、将来への不安のようなものを感じている方も少なからずおられる筈です。
 会員数の減少傾向。出席率・維持率の低迷。クラブ例会が活気に欠けているのではないかと感じるのは思い過ごしなのでしょうか。その状況が事実と仮定するならその要因は?いろいろあると思うのですが、やはりクラブに対する、またロータリアンとしての満足度が低いのではないかと、概ね多くの皆さんが感じているところと推察します。それ故にクラブ運営に積極的に参加しようという気持ちが減退し、なんとなく例会に参加する会員が増えていっているのかも知れません。
 粛々と今までと同じように進む例会を否定している訳ではありません。しかし乍ら客観的な現状認識からすれば決して放置できる問題ではないと思います。
 それでは満足度の高い、活気溢れるクラブとして変わっていくためにはどうすれば良いのか。
 私には一つの方法しか思い当たりません。それは地区が指導するロータリークラブセントラルにクラブ目標を積極的に登録する他ないのではないかということです。目標とは主に @会員増強 A奉仕活動 B寄付の3分野です。
 少なくとも10項目以上の目標設定をすることを言っています。低いハードルではありません。意思表示をすることの不安は言うに及びません。
 とにかく、長期(戦略)計画立案と行動計画を立ててやってみるしかありません。複数年度の取り組みですから会長エレクトと一緒にすすめる必要があります。長期計画とは何ですか?副会長になった際に私が発した最初の言葉だったからです。
 勿論、各委員長の理解を得るための機会をつくり、そして協力していただかなければ成果は望めません。厄介だなと思うのでしょうが、これもクラブへの奉仕とお考えいただければありがたいのですが。
 「おいしくなあれ」。ある調理人がこの言葉を心の中で言い続けると本当に美味しいものができるんです、と。この一年「良いクラブになあれ」と言い続けます。そして幹事をはじめ各委員長の皆さん、そして全会員の方々のご協力を仰げるようひたすらお願いをしつづけます。
 素晴らしい仲間と出会える機会をつくってくれて「ありがとう」と言えるクラブになりますように「おいしくなあれ」。
 どうぞ一年間よろしくお願いいたします。

2016−17年度   会長 成田 良伸




明石ロータリークラブからのお知らせ

2017/3/29(水)
明石北RCとの合同例会・奨学金授与式
「開発途上国の人々は日本・日本人をどのように評価してきたか?-国際協力の経験から」
公益財団法人CIESF 副理事長 松岡和久氏

明石ロータリークラブからのお知らせ

2017/3/22(水)
新入会員卓話「私の履歴書」
清水俊行さん
2017/3/29(水)
明石北RCとの合同例会・奨学金授与式
「開発途上国の人々は日本・日本人をどのように評価してきたか?-国際協力の経験から」
公益財団法人CIESF 副理事長 松岡和久氏
2017/4/5(水)
18:00
(時間変更)
 親睦花見例会
 神戸北野天満神社
2017/4/12(水)
外部卓話「題未定」
元プロ野球選手 山沖之彦氏
2017/4/19(水)
会員卓話「ロータリーと私」
安藤立也さん 田路良博さん
2017/4/26(水)
会員卓話「ロータリーと私」
武田悠紀夫さん 田路弘之さん

明石ロータリークラブからのお知らせ

2017/3/26(日)
ペッツ
2017/3/29(土)
明石北RC合同例会
2017/4/5(水)
18:00
 親睦花見例会
 神戸北野天満神社
2017/4/12(水)
R情報研修会
キャッスル
2017/4/23(日)
4RCゴルフ大会・有馬カンツリー
2017/4/29(土)
地区協議会
2017/5/17(水)
新旧クラブ協議会

明石ロータリークラブからのお知らせ

2017/1/18(水)
 
ロータリーの友 2016.12月号に
ロータリーデーの記事で紹介されました。